賃料減額交渉ノウハウ

賃料は人件費に次いで金額の大きい固定費です。賃料を交渉して下げれば、固定費を減らすことができます。しかし、どう交渉すればいいのかわからないと思っている方は、ぜひ当サイトをご参考に交渉をすすめてみてください。

専門的知識と高度な交渉ノウハウが必要

現在借りているオフィスや店舗、工場、倉庫、土地などの賃料を、賃貸人(ビルオーナー、地主など)と減額交渉するために必要となる不動産知識と交渉ノウハウを紹介します。

賃料の減額交渉は、成功すれば大きなコスト削減効果を得られます。高度な交渉ノウハウがあればその効果は抜群。当サイトで交渉ノウハウや必要資料などをご確認いただければ、効果の高い賃料減額が可能となります。

賃料減額交渉の基本的なフロー

1. 交渉前の準備
準備

周辺のマーケット賃料情報の収集や、賃貸借契約書の読み込みなどを行い、交渉の準備をします。

交渉前の準備についてさらに詳しく
2. 交渉の申入
申入

「交渉前の準備編」で集めた情報をもとに、賃料減額をお願いするための資料「申入書」を作成します。

交渉の申入についてさらに詳しく
3. 賃料減額の交渉
交渉

物件オーナーと直接会って、賃料減額のお願いをします。信頼関係を維持しながら進めることが重要です。

交渉当日のフローについてさらに詳しく
4. 交渉の合意
合意

物件オーナーから賃料減額について合意をいただきました!大きなコスト削減に成功です。

減額交渉を進める上で、不安な点や交渉の進め方について質問したいなどのご要望がございましたら、賃料コスト削減ナビまで、お気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。