コンサルに外注するメリット

賃料減額は、多くの大手企業がコンサルティング会社に賃料減額を依頼しています。なぜ自社で行わずに、コンサルティング会社に依頼するのでしょうか?

1. 減額成功率が上がる

賃料減額交渉は、専門的な不動産知識や高い交渉能力を必要とします。また、交渉相手となる賃貸人・物件オーナーは、賃料減額交渉を何度も受けているため、交渉への対応力も長けています。

賃料減額を専門に行うコンサルティング会社は、情報の豊富さと長年培ってきた交渉能力を最大限に生かし、賃料減額交渉を行うため、高い成功率を誇ります。

2. 本来業務に集中、業務を効率化できる

賃料減額交渉には、膨大な時間と手間がかかります。
賃貸借契約書の読み込み、物件に関する情報収集から交渉が終了するまで、約2~3ヶ月を要します。

自社で行う場合、担当者の本来業務に影響が出てしまうため、効果の高い賃料減額を行うために、コンサルに外注するという考えが多くの企業で普及しています。

3. トラブルが少ない

賃料減額交渉におけるトラブルの代表が、物件オーナーとの関係悪化です。交渉の仕方を誤ると、意図せず物件からの撤退を迫られることもあるため、慎重に進める必要があります。

その点、コンサルティング会社は、トラブルにならないノウハウを持ち合わせています。優良なコンサルであればあるほど、オーナーとの交渉経験が豊富にあり、トラブルになることはほとんどありません。

おすすめコンテンツ

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。