公示地価

公示地価とは、地価公示法に基づいて定められた標準地の価格です。標準地とは、地価公示法に基づいて定めた土地をいい、その価格を周辺土地の平均価格とします。公示対象としては、都市計画法による区市町村と、その他にも土地取引が活発な地域などが省令で定められた地域として対象に入ります。公示価格は、毎年1月1日に決定した価格が3月に発表されるシステムになっています。

公示地価は、公共事業の際の土地取得価格の算出基準となるほか、土地の取引売買に対して買い手側、売り手側どちらにも偏りがなく、公正な価格での取引をするための土地評価基準です。そのため、評価対象の土地に建っている建物の形態にとらわれず、純粋に土地の価値だけを評価するために、2人以上の不動産鑑定士が別々の鑑定評価をして、調整後に価格を決定します。

公示地価は、地価公示法で定める標準地の価格となりますが、あらゆる視点からの評価になるため、当然価格変動があります。これは、不動産の需要と供給のバランスによって価格が変動するわけですが、今までは長引く不況によって土地の買い手が減少し、価格が下がっておりましたが、政府政策などによりここにきて多くの地域で土地開発が進んできており、価格が上向きになってきました。今後も継続的に上昇傾向で推移してゆくものと思われ、土地の価格上昇傾向が強まりそうです。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。