道路交通センサス

道路交通センサスとは、自動車と道路についての環境や利用状況を調べた調査データです。自動車によって起こる交通事故や渋滞、温室効果ガスの排出など、自動車の利用によって道路では、様々な問題が発生しております。道路交通センサスとは、日本全国の道路状況・交通状況・自動車状況を調査しデータを収集しております。このデータを基にして、道路で起こる問題に対しての対策や改善のための、将来のまちづくり・道路づくりに役立てています。

調査内容は、大きく分けて2つあります。1つは、「OD調査」です。これはオーナーインタビュー調査と称して、高速道路利用された自動車運転手に、どこからかどこへ移動したのかアンケート調査をします(自動車運転距離の計測)。

もう1つは、「一般交通量調査」です。これは、道路の交通状況と施設状況などの調査になります。一般交通量調査の内容を3つに分別すると、「道路状況調査」、「交通量調査」、「旅行速度調査」になります。まず、道路状況調査は車線数・車道幅・交差点の数などの道路の状況を調べます。次に交通量調査は、道路を走行する自動車の数を計測します。最後の旅行速度調査は、道路を走行する自動車の速度を計測し平均速度を算出します。

これらの調査は、道路の問題や危険性、現在置かれている道路と自動車の環境・状況を把握し、将来にわたる道路整備計画を策定するための基礎資料としての調査になります。このような道路交通の調査に関しては、昭和3年度以降より実施されている調査になります。
対象になる土地が面している道路の評価として、路線価がありますが、もう1つの評価の参考にするのが、この道路交通センサスになります。

道路交通センサスのデータは、そのままでは賃料減額交渉に利用できません。ます、こちらはロードサイド型店舗のみ利用できる情報になります。車での来客が中心であり、かつ来客数がそのまま経営状況に直結する物件の場合のみ、利用できる情報になります。もちろん倉庫や工場の場合も使えなくはないですが、減額理由としては弱い情報になります。
堂子交通センサスも対象店舗の前の地点で計測されているケールはほとんどないと言えます。そこで、前面道路に関連する地点を探し、そのポイントの5年間の交通量推移を見て、その減少率から賃料の減額を依頼するといった方法で利用する方法が一般的です。
少し見づらい情報ではありますが、一度データをダウンロードしてみてください。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。