周辺人口の増減

不動産の価値と言うのは、その土地の人口の動態に大きく関係していると言えます。人口の動態に影響するのは、その地域の利便性や治安やその他の環境などによります。そこで土地の需要に変化が起こり、不動産価値が変動します。つまりは、人口の増減と土地の価値変動には、密接なつながりがあるのです。

都市部では、中心地と郊外では人口に大きな差があり、土地の価格にも同じく大きな差があります。これは、何も都市部だけの話ではなく、地方も一緒です。都市部でも地方でも町の中心地は人が集まり、土地の価格が高くなっていますが、郊外や地域の郡部などは人が少なく土地価格は低い傾向にあります。今後も日本全体の人口は、出生率の低さから減少傾向にあり、土地の二極化はさらに強く進んでいくと予想されています。

今後も人口減少のトレンドは続く予想ですが、数年間は東京・大阪などの大都市圏には大きな影響はないであろうと言われています。しかし、全国的には土地価格の下落が予想されており、人口は人気の町や地域に集中しそうです。やはり、今後土地取得を考えている方などは、その土地の将来性や人口推移予測などを確認しておく必要があるでしょう。これを分析するためのデータとしては、国勢調査データ(人口統計データ)を活用されると良いでしょう。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。