賃料減額交渉ノウハウ(準備編)

賃料減額の交渉には、準備に最も時間をかけます。
十分な準備ができているかどうかで、減額交渉の成功が左右されます。

減額交渉を成功させるために必要な2つの情報

賃料の減額交渉に必要な情報は、大きく分けて2つあります。

1. 減額交渉依頼の理由となる情報
賃料を下げたい物件の近辺にある物件の賃料、路線価や公示地価、経済情勢の変化、人口の増減や道路交通量など、賃料設定の外的要因となる情報を取得します。
2. 物件と交渉相手に関する情報
物件に関する情報とは、契約書の内容や、万が一自社が撤退した際、代わりに入居できそうなテナントがあるかどうかなどの情報です。
交渉相手の情報とは、賃貸人(物件オーナー・大家さん)の経済状況、属性(ファンド、大手不動産、個人)、賃貸人の考え方などです。賃貸人との関係が良好であれば、減額交渉の依頼にも応じてもらいやすくなります。

交渉前には必ずシミュレーションを行う

賃料減額の交渉は、事前のシミュレーションが非常に重要です。

どのように交渉を進めるか、交渉相手が反論してきた時はどう応じるかなど、交渉前のシミュレーションが具体的かつ現実的であればあるほど、交渉の成功率は高まります。

賃料の減額理由は、明確にしましょう。理由が明確であれば、交渉相手からどのような反論があっても軸がブレることなく、それにはどう応じるかなどを事前に考え、戦略的に交渉を進めることが可能です。

おすすめコンテンツ

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。