賃料減額交渉ノウハウ(申入編)

賃料交渉をする前には、オフィス・店舗オーナー(賃貸人)に「賃料減額をお願いする(申し入れる)」 必要があります。

いつ、賃料減額を申し入れるのか

「賃料減額の交渉は、賃貸借契約の更新に合わせないと成功しない」と思われている方は多いのではないでしょうか。

しかし賃料の交渉は、いつでも可能であると法律で定められています(新契約締結後、更新後などの例外は除く)。入居テナント側のタイミングで良いので、コスト削減に力を入れている企業であれば、できるだけ早く、交渉を開始することをおすすめします。

申入書に書くべきこと

賃料減額を交渉する際、物件オーナーに申入書を提出した方がより成功率が高まります。申入書に記載する基本的な内容は、下記の通りです。

  • 現在の賃料(今現在)
  • 減額してほしい賃料(未来)
  • いつから下げてほしいのか(期間)

賃料減額の交渉を物件オーナー・大家にご納得いただくために、「なぜ賃料を減額してほしいのか」「どのような経営努力をして利益を捻出しているのか」という理由を記載しましょう。

申入書ってどう書くの?

提出する前に注意すべきこと

申入書は、借主、入居テナント側の「賃料の減額をお願いする」という意思が書面で残るため、正式に賃料の減額依頼をしたい場合は、提出するべきです。

しかしながら、個人オーナーの場合、信頼関係が大きくかかわるため書面での提出という形式ばった申し入れが、感情を逆なですることがあります。賃貸人との関係性や属性、性格などを考慮し、その状況によって申入書の提出する・しないを、判断することをお勧めします。

申入れのタイミングや書面での提示方法など、疑問・質問は当サイトにご相談ください。

おすすめコンテンツ

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。