賃料減額コンサル会社に依頼するには

賃料減額コンサルティング会社に、依頼をして賃料減額を望む場合、気を付けなければいけないことがあります。それは、賃料減額コンサルティング会社の選択です。契約する前に、いくら賃料減額コンサルティング会社の広告やホームページを見たり、担当者と話をしたりしても実質どのような仕事をするのか、実際の仕事を見ないとわからないものです。

そのため、仕事を依頼する賃料減額コンサルティング会社が見つかり、契約にいたったとしても完全に信じ込むのはやめましょう。そして、仕事を複数案件依頼する場合も、一度にすべてを依頼せずに作業の過程と成果を見ながら次の依頼をするようにしましょう。一度にすべての案件受注を提案してくる賃料減額コンサルティング会社の中には、悪質な会社もあり、交渉途中でトラブルが発生したり、提案通りの実績が出なかったりした場合に途中でキャンセルやストップになることを回避するために、一度にすべての依頼を受けようとする賃料減額コンサルティング会社側の考えなのです。

実際にクレームが多い賃料減額コンサルティング会社は、すべての依頼を受けようと強い営業で働きかけてきます。時には大手上場企業の元役員などを動かし、依頼主の経営層に働きかける強引な会社もあります。その際には、「全て依頼してくれれば、報酬額を割り引く」などの提案もしてきます。発注は慎重に行うべきと考えます。ぜひ賃料減額コンサルティング会社の選定は慎重に行ってください。

最後に、賃料減額コンサルティング会社が怠惰なパフォーマンスする場合は、監視の目が薄かったり自分たちの好き勝手にできたりする環境にあると発生しやすいのです。まず依頼者側は成果を常に聞いて、ドンドン依頼者側から求めるようにしましょう。そして交渉前には、「交渉内容(どのように交渉するのか?)」、「どのようなロジックで減額依頼をするのか」、「レスポンス(相手からの反応への対応)」、「クレームになったらどう対応をするのか」などこういったシミュレーションを立て、依頼者側本人も納得できる内容で交渉してもらいましょう。

また、こういった賃料減額コンサルティング会社の交渉内容を確認するのには、もう一つ目的があります。それは、事前準備を全くしないいい加減な賃料減額コンサルティング会社もあり、そういったことが無いように、または見極めをするためにも賃料減額コンサルティング会社に丸投げせずに、積極的にヒアリングすることで情報を共有することが大切です。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。