賃料減額のメリット

多くのコスト削減の中で、賃料減額には多くのメリットがあります。
まずは①、その金額。賃料(地代家賃)は業種によって大きさが変わるとは言え、原価、人件費に次ぐ大きな費目となっているケースが多くあります。
そして次に②、負の影響が小さく、デメリットの少ないコスト削減費目となります。人件費のコスト削減は、多くの企業ではリストラとして実施され、社内への悪影響だけでなく、社外の印象の悪化等、様々なデメリットが考えられます。また、同じく大きな費目となる広告宣伝費や研究開発費に関しても、コスト削減をすることで、売上下落の影響が心配される費目となります。それに比べ、賃料は直接的に企業に影響はなく、むしろ大きなコスト削減につながる割に、会社への影響や社外への影響の少ないコスト削減になります。
最後に③、減額効果が継続するという点です。一度下げてもまた上がるような費目ではなく、一度下げた場合、継続して減額効果があるのがこの費目です。

賃料削減の大きな可能性

上記3点から、大きなメリットのあるコスト削減費目でありながら、いまだに多くの企業が本格的にコスト削減を進めていない背景には、経営層や管理部門が、賃料のコスト削減の可能性に気づいていない点があります。
ただ上場企業や優良企業のほとんど、また外資系企業では、既に賃料のコスト削減には着手しており、賃料コスト削減の恩恵を受けています。コスト削減は1日でも早く実施すれば、その分のコスト削減効果を享受できますので、一日も早く進められることをおすすめします。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。