賃料減額で注意すべきこと

賃料減額には先ほどのお伝えした通り、多くのメリットがある反面、様々なことに注意をする必要があります。
まずはオーナー(ビルオーナーや地主)との関係を悪化させないように気を配る必要があります。オフィスなどの場合は、あまりオーナーとの関係性を重視する必要はないかもしれませんが、店舗などでは、店舗周辺に居住している地元オーナーとの関係が悪化することは、来店客の減少やオーナーからの様々なサポート(店舗周辺の清掃や店舗敷地内への自動販売機の設置等)が受けられなくなる可能性があります。またオーナーが法人の場合、関係を悪化させることで、新規出店に立候補しても、理解を得られない等の悪影響を与えかねません。 ただ、オーナーとの関係悪化を恐れ、何もせず、賃料の据え置きを受け入れるのはおかしなことです。やはりオーナーとの関係を良好に保ったまま、あくまでも権利として賃料の減額依頼をするべきと考えます。

オーナーの心理を理解した減額依頼ならば、賃料減額を依頼しながらもオーナーとの関係を良好に保つことは可能ですし、むしろ以前より関係が改善されたケースも多々あります。
賃料減額コンサルティング会社は、そういったノウハウも多く保有しているケースがありますので、依頼する価値はあると考えます。一方で、賃料減額コンサルティング会社の中には、強引な交渉を行うことで、オーナーとの関係を悪化させる手法をとっている会社もあります。まずはそういった会社を排除し、オーナーとの関係を重視する会社を選ぶべきと考えます。

214社ある賃料減額会社の中から、3年間、賃料コスト削減ナビを運営している中で、実績もあり、評判も良い賃料減額コンサル会社5社を厳選いたしました。

優良5社を見る

よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。