効果的なコスト削減の進め方

会社コストの棚卸し

コスト削減に取り組む前に、会社のコスト構造を把握する必要があります。その中で、コスト削減が可能な費目をピックアップし、どこから着手するかを見極めます。ただ、ここで注意したいのが、金額の小さい費目のコスト削減を積極的に行っても仕方がないということです。金額の大きい費目のコスト削減に着手することが、コスト削減の基本です。

コスト削減のPDCAサイクル

コスト削減においても、ビジネスの基本法則であるPDCAサイクルを意識しなければなりません。
まずは、P(Plan)。コストを削減することによって得られる効果や実行可能性の予測です。コスト削減実行前の、シミュレーションにあたります。

次にD(Do)。Planに基づき、実行に移します。どのくらいのスパンで完了するかの日程計画や組織構造を策定、それらに沿って役割を決めて人員を配置します。

そしてC(Check)。プロジェクト実行の成果を測定し、検証します。ここで問題点や効果の低いプロジェクトなどがあれば、改善策を策定します。

最後に、A(Action)。Checkであがった課題に対して、コスト削減プロセスに修正を加え、反省点を踏まえたコスト削減の再計画へのプロセスに入ります。

コスト削減は長期スパンで考える

コスト削減は単発的なものではなく、一朝一夕で利益増加に結び付けられるものではありません。コスト削減を継続的に実施していくことにより、財務体質を無理なく健全化させることが可能です。年間スケジュールを設けて計画的にコスト削減プロジェクトを管理し、効率的な経営改善につなげましょう。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。