間接材のコスト削減

直接材コストと間接材コストの違い

直接材コストとは、商品やサービスなどを生み出す営業活動に使用された原材料、人材、販促活動などにかかったコストを指します。
一方で、間接材コストとは広告宣伝費、事務用品・消耗品費、地代・家賃、旅費交通費、交際費、システム費、コピー費など営業活動をサポートするためのコストを指します。

多くの企業では、金額が大きく、すぐに効果のあがる直接材のコスト削減に注力してきました。なぜなら、間接材コストを下げても、直接材コスト以上に利益に大きく貢献することはないと考えられてきたからです。

間接材のコスト削減

間接材は、個々の費目で見るとそこまで金額は大きくありませんが、間接材コスト全体で捉えると大きいコストとなります。

直接材のコスト削減には積極的に取り組まれても、間接材のコスト削減には消極的である企業はまだ多く存在しています。直接材の購入には、各社購買部が対応するケースが多く、価格交渉に対する情報も十分に共有されているため、積極的なコスト削減が行われてきました。
しかし、間接材の購入になると、各部署で対応しており関わる人が多く存在するため、コスト削減のノウハウがあまり共有できていません。そのため、コスト引き下げは進んでいません。

現場任せのコスト削減

間接材の購入決済にトップがかかわることは非常に少なく、その分現場任せの対応で終始していることが、間接材のコスト削減が進まない理由と言えます。

コスト10%削減、とトップが計画しても、その具体案を計画し、従業員に指示を出すのは現場の担当者になります。コスト削減には、従業員への意識付けが必要となるため、トップが関わることは間接材のコスト削減を進める上で、最も重要なテーマと言えます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。