コスト削減コンサルの利用法(アウトソーシング)

アウトソーシングとは

自社での業務の一部または全部を、それを得意とする外部の会社に委託することを、アウトソーシングと言います。業務のアウトソーシングは、今や経営効率化の主流施策となっており、今後もさらに様々な分野で広く浸透していきそうです。日本では、給与計算やカスタマサポートのコールセンターなどの業務委託が普及しています。

また、最近ではシステム開発案件(オフショア開発)や経営戦略立案・実行(経営コンサルティング会社へのアウトソーシング)、コスト削減・経費削減業務(コスト削減BPOなど)もアウトソーシングの対象となり、上場企業をはじめとして、多くの優良企業では積極的にアウトソーシングを活用しています。

アウトソーシングのメリット

「必要な時に、必要なだけ」利用できるというのが、アウトソーシングの最大の魅力です。自社で雇用する従業員の場合、人件費と時間を投資して育成するため、労働力が不足してしまった場合すぐには増員ができません。

最近では自社で雇用できないほどの高い専門知識や経験を備えた会社にアウトソーシングを委託するケースが増えており、アウトソーシングを活用し、高い業務クオリティで経営を行う企業が増えています。

第三者だから見えること

社内に、アウトソーシングのコンサルティング会社が介入することで、自社のブラックボックス化している経費・コスト構造を改めて確認することができます。コスト削減を依頼する場合は、成功例やコンサルティング会社のブランドだけで決めず、コスト削減における手法をヒアリングしなければなりません。依頼側のサービスや商品の質の維持は度外視し、ただコストを削減だけすれば良いと強硬な方法で値下げ交渉などを行い、コストを下げようとするコンサルティング会社もあります。また、すべてをコンサルティング会社に丸投げせずに、自社のノウハウ蓄積のためにもコンサルティング会社との情報共有を積極的に図りましょう。

トラブルの多いコンサルティング会社など

コスト削減の専門会社には、リバースオークションなどの単純な単価値下げの手法だけでサービスを提供する会社があります。またオフィスや事務所の家賃値下げに関する業務でも、強引な値下げ交渉を行い、クライアントの利益を損ねるようなサービスを提供している会社も多く存在します。

老舗のコンサルティング会社や広告を大々的に行っているコンサルティング会社にも、そういったトラブルを起こす会社は多く、昨今大きな問題となっております。アウトソーシング先の選定には十分注意してください。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。