コスト削減がうまくいかない理由

コスト削減はやりすぎない

コスト削減は売上の増加と並び、利益を確保するための重要施策です。しかし、本来かけるべきコストも下げてしまえば、売上そのものが減ってしまい経営は縮小してしまいます。

コスト○○%削減、という目標に固持するあまりあらゆる費目に対して削減に取り組んでも良い結果は得られません。コスト削減は、利益の創出・確保が目的であることを忘れてはいけません。

短期的視点で取り組んではいけない

コスト削減は、十分な計画と人材配置、時間をかけることが重要です。

手間や負担はかかりますが、効果が高いコスト削減に取り組めば、成功した時に非常に大きな結果が得られます。高度な専門的知識を必要とするオフィス・店舗の賃料コストの削減など、コスト削減効果が高いと言われているコスト削減にまだ取り組んでいない企業も多くあるようです。

従業員一丸となって取り組む

「コスト削減をしろ」と上司から言われながら仕事をするのと、「一人ひとりのコスト意識によって会社の経営が向上する」と言われて仕事をするのとでは、どちらの方が良いでしょうか。
コスト削減対策の悩みとして、どの会社でも挙がるのが、従業員のモチベーション低下です。会社全体の雰囲気の悪化にもつながるため、コスト削減を進めるためには細心の注意が必要です。

モチベーションの低下を回避するためには、コスト削減の先に利益の創出・確保があり、現在の経営状態では売上の増加とともにコスト削減にも積極的に取り組まなければならない、ということを従業員に説明する必要があります。

また、企業のトップが率先してコスト削減に取り組み、その姿を見せることで、コスト削減に対応する従業員のモチベーションの低下を防ぐことができると考えます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。