ユーザーマネジメント:利用量や品質の調整

ユーザーマネジメントの目的

ユーザーマネジメントとは、事務用品・消耗品、電気・水道など水光熱費の利用方法や使用量などを使用する側で管理・調整し、コスト削減を進める方法です。イメージとして最も近いのが節水や節電のため「コマメに消す」「水道は出しっぱなしにしない」といった手法です。

ユーザーマネジメントでは、まず現在の使用量が適正かどうかを確認します。①量は適正か、②質は過剰・不足していないか、③①、②を改善するためにはどうすればよいか、という視点で管理をします。そこで、適正ではない使用量・質などが確認できれば、適正にするために検証・分析をし、実行に移します。

具体的な検証方法

ユーザーマネジメントを進めるには、全国の支店の一人当たりの事務用品費の比較など、個々の単位を確認することが一番効果の高い検証方法です。事務経費が各支店の中で最も高額だった支店・営業所に、個々人の使用量を減らす指導を行うことで、コスト削減につながった事例があります。個々のコスト削減については、監視・監督の目が無いと時間が経つにつれコスト意識が薄れてしまうため、それを回避するために、目には見えない使用量を見える化することで大幅な改善が見込まれます。

アイデア次第で効果は変化する

コスト削減は、使用量を把握することが重要です。ただし、使用量を意識しすぎてしまう余り、業務が委縮してしまうというリスクもあります。あまりに過剰に締め付けを強くし過ぎると、管理者側の担当者がそればかりに目を奪われてしまい、必要な販売促進活動や作業効率化を図るコストまで削減してしまうこともあるため、注意が必要です。また、従業員のモチベーション低下にもつながります。

業務の妨げにならないよう、そして売上に悪影響を与えないよう、コスト削減を進める必要があります。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。