コスト削減の主な2つの方法

サプライヤーマネジメントの考え方

コスト削減には2つの方法があります。「サプライヤーマネジメント」と「ユーザーマネジメント」です。

サプライヤーマネジメントとは、調達コストの管理を指し、質を下げずに原価を下げることを言います。これは、見えない部分で経費負担が発生しているのではないか、もっと原価を下げられないのかなどをサプライヤーと協議します。これによって、コスト削減だけにとどまらず自社製品の競争力強化、利便性の向上なども見込めます。ただ、原材料は売上の元となるものであり、自社が提供する商品・サービスの品質に影響するため、十分注意する必要があります。

ユーザーマネジメントの考え方

ユーザーマネジメントは、社内で使用する際の無駄を省き効率化を図ることです。従業員の作業の見直し・作業手段の変更、社内ルールの改正や品質の適正化を図ります。このユーザーマネジメントで注意しなければいけないのが、費用対効果です。作業にかかる手間や時間の割に、コスト削減効果が低いものに関しては、実施しないという判断が必要です。

コスト削減のためとは言え、全ての業務の見直しを図るのは、途方もない作業となります。それよりも、着手する前に何が不要か、どこが急務で変更が必要なのか全体像で把握する必要があります。そのために、作業の棚卸し(必要性分析)と適正な品質の理解(費用対効果分析)が重要です。

必要性分析は、仕事の優先順位や不要な仕事を見分けるための分析で、一度従業員たちが行っている仕事を見つめ直すことができます。また、費用対効果分析は生産性の分析であり、費用をかけた分どのぐらい売上に貢献するのか、価値のあるものなのかを判断することができます。

価格交渉だけでは結果は出ない

最近、コスト削減専門業者が使用している一般的な手法は、「リバースオークション(逆入札)」などの逆入札の仕組みを利用してのコスト削減です。これはただ単に、業者に安価な価格を提示させる方法で、コスト削減の専門業者を使うまでもなく、自社で業者と交渉すればよいだけです。
そのため、リバースオークション(逆入札)の仕組みを提供しているだけの業者に依頼するのではなく、各費目ごとにコスト構造を分解し、様々なコスト削減手法を用いてアプローチするコンサルティング会社を選ぶことが大切です。

優良なコストマネジメント会社

包括的かつ戦略的なアプローチができるコストマネジメント会社は下記のコンサルティング会社と考えます。
マッキンゼー、ブーズ・アンド・カンパニー、アクセンチュア、デロイト トーマツ、ATカーニー、ロベンダル・マサイ、プロレド・パートナーズ、アビームコンサルティング、コーポレイトディレクション

戦略的なコスト削減を依頼できるよう、コンサルティング会社の手法をよく確認し、選定してください。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。