採用費のコスト削減

優良な人材獲得は簡単ではない

企業にとって、良い人材の獲得は最重要課題です。常識的に考えれば、有料で募集する採用媒体の方が応募してくる人材の質は高い、という確率は上がります。しかし、企業と採用を希望する個人との相性もあるため、一概に良い人材を必ず採用できるとは言えません。 どのような人物を採用したいかを考え、どの媒体で募集するか時間をかけて検討する必要があります。

価格の引き下げ交渉をする

転職サービス企業には、採用費の価格引き下げ交渉をすることが可能です。中途採用を検討している場合は、転職サービス会社の営業担当者を呼んで、価格引き下げ交渉をすることをお勧めします。

該当媒体としては、リクナビ、エン・ジャパン、マイナビ、日経ナビ、アットタイプ、DODAなどがあります。各媒体には、強みを持っている職種などもあるため、その点も含めて検討すると良いと考えます。

成果型の採用サービスを導入する

Greenやジョブセンスリンクなど、採用決定後に費用を支払う成果報酬型の採用サービスを活用すると、無駄な出費を防ぐことができます。企業が採用を行う際に、最も気持ちを落胆させるのは、募集をかけたのに求める人材の採用ができなかった場合です。しかし、成果報酬型の場合は、採用できてからコストが発生するためそのリスクを回避できます。

成果型の特徴は、専門性の高い人材を募集する場合に最も効果が高くなると言われています。また、入社後に早期退職した場合は、全額返金制度になるサービスがあります。

ハローワークを利用する

幅広い世代が活用しているハローワークでは、人材募集を無料で行うことができ、採用費のコスト削減になります。また、ハローワーク経由で人材を採用した場合、奨励金や助成金などが出る場合もあり、採用した人材の育成費に充当することができます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。