通信費のコスト削減

通信環境を確認する

現在の通信媒体は、昔と比較して格段に技術が高度化しており、それに伴って契約・プランも多様化しています。そのため、契約をしている通信プランの見直し・価格の引き下げ交渉によって、大幅なコストダウンにつながる可能性があります。

固定電話、携帯電話のコストダウンについては、使用をする頻度が高い時間帯、電話をかける頻度が高い地域やクライアントなどをリサーチすることで、現状の契約プランが適性か、またそのプランの特徴を活かした使用になっているかを検討します。利用状態を精査する、契約プランを見直しすることで、長期的な通信のコスト削減が可能になります。

また、契約して以降、移転や統廃合、社内のレイアウト変更などがあった場合、それをきっかけに使われなくなってしまった回線が放置されていることがあるため、回線を解約することで無駄を省くことができます。回線を増やす、ということは頭にあっても、そこにある回線を減らすという発想にはなかなか至る機会がありません。

FMCを導入する

FMC(Fixed Mobile Convergence)は、会社で使用している固定電話・携帯電話間の通話が定額・無料化にできるため、コストの縮小が可能となります。

会社の固定電話と携帯電話を同一のグループ通信事業者で契約することで、FMCサービスの使用が可能となります。営業で外出が多い従業員と連絡を取ることが頻繁にある場合は、営業直後の上司への報告や、サポート部門への修正依頼などの際は、携帯端末から社内の固定電話にかけることが多いため、このサービスを使うことで通信コストの経費削減を実感できます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。