旅費交通費のコスト削減

その外出は本当に必要ですか

お客様に直接会う、クライアント先の会議に出席するということは、信頼関係を構築するためには重要な業務です。そのため、むやみに旅費交通費を下げることばかり考えてしまうと支障をきたすことがあります。

しかし、無駄と考えられる旅費交通費を減らすことは必要であり、時間の効率化という観点からも、外出・出張を適正な回数にすることは大切なことです。

出張については、旅費規程を設け、定期的にチェックする体制を整えましょう。200キロ圏内であれば、日帰り出張とするなどの明確な基準を設けることが効果的です。また、休日に支給した旅費交通費の利用や夜遅くの利用などについては、不審な利用がないかチェックが必要です。宿泊施設の領収書もチェックしましょう。

テレビ会議、web会議を利用する

現在では、通信インフラの向上もあり、テレビ電話やweb会議が非常に普及し、通話品質も向上しています。また、テレビ電話やweb会議を活用することにより、長距離移動の出張を減らすことができれば、交通費だけでなく移動にかかる時間の大幅な節約にもつながります。

出張予約サイトの活用

出張の際には、宿泊予約サイトを活用しコストの抑制を推進しましょう。JTBの法人専用サイト、楽天トラベルなどには出張パックが用意されています。これらを活用することで、新幹線や飛行機、宿泊に関するコストの割引を受けられるようにします。

ただし、パックの場合は10日前までの予約に限定されていたり、日時変更の自由があまりなかったりするため、仕事の都合で予定が変わる可能性がある場合などは、パックの使用を控えた方がいいと考えます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。