広告宣伝費のコスト削減

広告の費用対効果を検証

広告のコストを下げるためには、現在出稿している広告の効果を、一度見直すことによって、本来広告に期待していた効果や方向性を確認することが重要です。

もし、広告で訴求したいと想定している方向性にズレが生じていれば、修正をする必要があります。また、効果が限定的で目標に遠く及ばない場合などは、広告を再度検討する必要があります。営業活動においては、商品・サービスの品質が良いとしても、パフォーマンスの高い広告を打って消費者に宣伝ができなければ、売上にはつながりません。

広告を出稿する際は、費用対効果を検証することが最も重要です。また、コスト削減の検証は数値で見えないもの(ブランド力向上など)を計るのではなく、売上や利益貢献具合などの具体的な数値で達成できているかを評価しなければなりません。

自社でできる広告宣伝

多くの企業では、広告を広告代理店に依頼していますが、その分販促費としてコストが発生してしまいます。現在の広告をすべて移行するのは難しいですが、自分たちで企画・立案が出来そうなものに関しては、代理店を通さず制作会社・デザイン会社などに、直接依頼することも可能です。それによって、コストを下げることができます。

自社で行えば、直接、制作サイドに要望を伝えることができるため、伝えたいことをストレートに表現した広告ができあがります。代理店に依頼する場合は、豊富な知識・経験があるため依頼側では考え付かなかったアイデアに基づいた企画を作り上げてくることも期待できます。その一方でイメージと違う物ができあがる可能性もあり、その修正に時間を要することも考えられます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。