配送費のコスト削減

配送費のコスト構造

クライアント先への書類・データの送付で、企業からは日々配送費が発生しています。1日で見れば、大きなコストには見えませんが、毎日積み重なるため立派なコストになります。

配送費は、「宅配便単価×発注量」から成り立っています。宅配便単価は、サイズ・距離別によって設定されており、発注量は個数や重量などから成り立ちます。
企業にとって、配送個数自体を減らすことは困難なため、宅配便単価の引き下げが配送費コスト削減の大きなポイントです。

配送コストの変動

宅急便単価は、ボリュームディスカウントによる交渉で価格の引き下げをお願いすることができます。
チェーン展開をしている会社、全国に支社がある企業であれば、配送業者と依頼者側の本部などで配送の定額契約を締結することによって、配送コストを大きく削減することができます。

配送業者と価格引き下げ交渉をするためには、ある程度広いエリアに支店を持ち、配送する荷物もコンスタントに発注していなければ交渉には応じてくれない場合があります。また、配送業者は地域の営業所ごとに、独立採算制を取っていることが多く、集荷地域における業者の特性や集荷物の傾向などを念頭に入れて引き下げ交渉をした方が良いと考えます。

配送サービス

企業が依頼する配送物は、季節や時期によって配送量が変化します。企業の繁忙期などに、配送量が増える場合には、大口割引や複数口割引を設けている配送業者に依頼することでコストを下げることが可能になります。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。