外部委託費のコスト削減

外部委託の本当の目的は

業務効率の改善やコストを下げるために、数多くの企業が外部に業務を委託しています。

外部に業務を委託する理由は、主に以下の3つにあります。
 ①内製化するために人材を雇用するよりもコス卜が安い
 ②自社内でその仕事を行うための情報・ノウハウがない
 ③自社内でその仕事を行うマンパワーが不足している

しかし、外部委託をするだけで3つの課題を解決できたと思いがちですが、費用対効果で見て本当に会社に利益をもたらせているかを常に確認しなければいけません。もし、外部委託費が、会社の経営を苦しめるようなコストになっていれば本末転倒です。

外部委託費の削減ポイント

外部委託のコストを削減するためには、3つのポイントがあります。
1.単価を下げる、2.発注項目ごとに内容を見直す、3.価格に対する仕事の量と質を上げることです。

1.単価を下げる
他の委託先企業にも見積を取り、価格交渉を進めましょう。ここで注意すべきは、品質の維持を条件として提示してください。質を下げれば、単価を下げることは誰にでもできます。どちらの条件も満たすことを前提とした価格引き下げ交渉をすることが大切です。
2.発注項目ごとに内容を見直す
見積の内容を、依頼者側が正確に把握することが重要です。見積の各項目を精査し、不明確な部分がないかを確認しなければいけません。これらを正確にチェックするためには、依頼者側の業務に対する正確な知識と多くの情報量が必要になります。
3.価格に対する仕事の量と質を上げる
依頼した外部委託業者から、契約を延長すると同時に見積金額は変化させずに仕事量の増加・追加を交渉することも可能です。その際は、長期的に契約を延長する旨を伝えることで、交渉に応じてもらうことができます。何事もそうですが、ビジネスにおいては交渉なくして質の向上は望めません。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。