人件費のコスト削減

人件費削減=リストラではない

人件費は企業のコスト構造において、最も大きな金額を占める費目です。賃金のほかにも健康保険、厚生年金、各種手当なども加算されるため、コストダウン効果が高いと考え、リストラを断行する企業もあります。

しかし、その結果として必ず起こるのが従業員のモチベーション低下です。人材をコストと換算するのではなく、資産として考えたうえで対応を考えなければなりません。強硬なリストラは、豊富な経験を積んできた従業員との信頼関係を、目先の利益欲しさにすべて捨ててしまうことになります。会社がここ一番で力を発揮しなければいけない時に、人材が不足していては、企業体力が弱まって飛翔することができません。

人材は企業にとって最も重要な資産であることを忘れてはいけません。まずは、人件費削減の目的を全従業員が共有し、意欲を持って働けるような仕組みを構築することが必要です。

正しい人件費の削減

人件費のコスト削減においても必要なのは、無駄がないかどうかを把握することです。残業時間の削減・業務の効率化を目指すのはもちろんのことですが、それと同時に「経営に支障を出さないレベルで人件費を下げる」ことを目指すべきです。

残業コストを下げるアイデアとして、強制的に一定時間になると消灯する企業もありますが、業務時間の短縮が目的になってしまい、仕事の達成すべきレベルまで至らなければ、売上の確保に支障をきたし本来の目的を見失ってしまうことになります。産業に費やした業務が本当に必要なのか、就業時間になぜ達成できないのかを把握しましょう。

組織構造を検証

企業の多くは、正社員雇用を中心とした組織構造で形成されています。従業員構成比において正社員の比率が大きい場合、その分人件費は高くなります。もちろん仕事をする上で、正社員は必要な存在ですが、仕事内容・専門性・仕事のレベルなどから非正規社員への仕事のシフトも今の時代は必要です。同様に、アウトソーシングの活用も有効と言えます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。