廃棄物処理費のコスト削減

環境保護の観点からコストは増加

自分が排出したゴミに関しては、「最後まで責任を持って処理をする」ことが、社会のルールです。ゴミを捨てるためにコストがかかることは当然であり、特に廃棄物の処理は企業コンプライアンスに関わってくる問題として軽視することはできません。

廃棄物処理量の把握

それでは、自社では一体どれだけの廃棄物を排出しているのでしょうか。業者に処理を委託する場合、管理部門では、その支払うコストが適正なのかを把握しなければいけません。例えば、産業廃棄物の代表格として蛍光灯がありますが、蛍光灯を捨てる場合、1本あたりの単価は他の業者と比較して適切でしょうか。実は、高い金額を請求されている場合があります。現状の廃棄処理コストの把握と、処理フローを見直し、コスト削減のための値下げ交渉をしてみることが重要です。

廃棄物料金の構造

廃棄物料金は、大きく処理料金と運搬料金に分けられ、どちらも基本的には【単価×重量】で計算されています。つまり処理単価や運搬単価の安い業者に発注すれば安くなりますし、排出量を減らせば、重量が減るため両単価ともに安くなります。
ちなみに、処理単価は基本的に各自治体で決まっていることが多く、値下げ交渉の余地がないことが多くあります。

廃棄物重量を計測する

しかしながら、廃棄物料金のコストカットは、この2種類しか方法が無いように見えますが、実は重量の計量方法も大きなメスを入れられるコスト削減要素となります。多くの場合、各企業は廃棄物業者に計量方法を委託しているため、重量を水増し請求されているケースもあります。重量が水増しされていると、処理単価と運搬単価どちらともにもかかるため、大きなコスト増になっています。単価の値下げ交渉だけでなく、こういったコスト構造を知り、重量にメスを入れる施策も必要になります。

廃棄物の計量はカウンター付きのパッカー車で図る方法もありますが、専門の廃棄物コスト削減業者に依頼すると、より精緻に計ってくれるとともに、値下げ交渉を代行してくれることもあります。

排水処理コスト

廃棄物処理のコスト削減方法として、排水処理のコスト削減も考えられます。排水処理のコストを計算するために必要となるのが、水分の構成比です。当然ですが、排水のほとんどは水分。排水処理では、水と汚れたもの全て合わせたものを排水と認識しているので、排水処理は無駄に処理金額が高くなっています。排水を専門の脱水機などを使用して水と汚れたものに分けると、効果の高いコスト削減が可能になります。このようにして、工夫や考え一つで廃棄処理コストの削減が可能になります。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。