人材派遣のコスト削減

人材派遣のメリット

派遣会社を利用するメリット、それは必要なときに必要な分だけ、業務を依頼できるということです。年間を通して、仕事の内容が変わらない企業というのは多くないと考えます。新規事業が始まる、決算期の対応で手が足りないなどという時に、期間限定で採用できる派遣社員は、企業にとって大変貴重な存在です。正社員と比較して、人件費や保険負担が抑えられるのはもとより、専門的な経験も積んでいることから、研修の必要もありません。また、採用費も抑えられるため、人件費のコスト削減施策として、一時的な人員補充には最大の効果を発揮します。

また、企業が派遣元へ支払う金額は、消費税法上「課税仕入れ」となるため、消費税等を安く済ませることができます。また、人材派遣のコストは、派遣スタッフの給与と社会保険料、人材派遣会社のマージンで構成されています。この構成比の中で、派遣会社のマージンがどの程度の構成比を占めていて、金額はどのくらいの規模なのかを把握することによって、コスト削減の値下げ交渉に有利に働きます。

人材派遣のデメリット

派遣社員の方の中には、専門知識を有し優秀な方が多くいらっしゃいますが、中には「一時的にいるだけ」、「責任はあまりない」などの考えを持っている方もいます。このスタンスで仕事をされると、業務の正確性の欠如や、低い生産性などから逆にコストがかさんでしまうため、派遣社員の方の特性にあわせ、依頼をする仕事を精査する必要があります。

人材派遣費のコスト削減

人材派遣のコスト構造は、上記にあるように派遣スタッフの給与と社会保険料、人材派遣会社のマージンで構成されています。値下げ交渉ができるのは人材派遣会社のマージン部分ですので、複数の人材派遣会社に連絡を取り、値下げ交渉をしましょう。大手のスタッフサービスやテンプスタッフ、パソナなどは価格が若干高くなりますので、中小の派遣会社が経費削減にはおススメです。

ただし、人材のスペックは重視しなくてはなりません。どのレベルの業務ができる必要があるのか、どのような志向性の方が良いのか、派遣会社の営業担当者と相談し決定しましょう。

現在の派遣スタッフの変更

コスト削減の方法として、上記のように値下げ交渉をすることで、現在の派遣会社から別の派遣会社に変更になる際、働いている派遣スタッフに辞めてもらわなければならない等の問題が生じます。コスト削減の対象は、現在契約している派遣社員さんを対象にするのではなく、新たに雇う方、もしくは短期で雇う方を対象にしましょう。

派遣社員さんにも多くの知見が蓄積され、長年勤めて頂いている方に退職されると、業務が動かなくなる場合があります。あくまでも業務に悪影響が無いことが前提ですので、派遣会社選びは慎重に行いましょう。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。