物流費のコスト削減

物流費とは

物流に起因して発生する物流費は、倉庫管理費を含む保管費・人件費・設備費・情報システム費・事務所費などからなるトータルコストを指します。物流費のコスト削減としては、拠点の統廃合による効率化で生まれるコスト削減や、適切な在庫管理、3PLへの外部委託などがあります。

3PLとは

「サードパーティーロジスティクス」のことを指します。物流業務と物流システムを荷主に変わって第三者が委託され行うことです。この3PLのメリットは、依頼者側の本業ではないロジスティクス業務を、専門業者に委託することによって、短期間で効率の良いロジスティクス部門を構築できる点にあります。さらに、委託した3PL業者の事業規模とサービス、価格が合致すれば自社で物流資産を持たなくとも、最適なロジスティクス業務を行うことが可能です。

物流コスト削減5S

「整理・整頓・清掃・清潔・躾」を意味します。
倉庫作業で一番の無駄は、物のある場所がわからなかったり、物を紛失したりすることです。この探索作業が発生すると、一番の時間の浪費であり倉庫管理がうまくいっていないことをあらわにしています。5Sを徹底することにより、ものを探しまわるムダ、不要なものを置いておくために失うスペースのムダなどを排除できる効果があります。

また、5Sを徹底すると、効率化・コスト削減を自らが体験することで、従業員が言われてやる、の姿勢から自主的に動き出すきっかけにもなります。先進事例として有名なamazonや楽天、オフィス通販会社等の物流倉庫などは徹底して5Sを実現させています。

物流費のコスト削減は慎重に

物流はビジネス活動の根幹になる場合が多く、1日、1時間でも滞ると大きな損失につながる可能性が出てくる、非常に重要な機能です。そのため、安価な物流会社に簡単に変更できるわけではなく、精緻に調査し、試し運転をするなど、変更には莫大な労力と時間、そして費用がかかります。

その分コスト削減効果も大きいため、外資系企業を中心に、多くの企業では物流費のコスト削減に積極的に取り組んでいます。まずは経営コンサルティング会社(マッキンゼーやアクセンチュア、ATカーニー等)や専門の3PL会社(日立物流、日本通運、山九等)などに相談しながら進めることをお勧めします。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。