保険(自動車、損害、火災)のコスト削減

保険とは

個人でも法人でも不測の事態に備えて、保険をかけています。特に資産価値の高いものや、損害を受けては困るものに保険をかけるのが通常です。法人の場合、節税対策にもつながるため、補償内容と同時に経営状況も考慮した保険への加入が大切です。

保険内容の精査

保険契約は、個人・法人でも毎年同じ補償内容で契約を更新することが多く見られます。法人の場合は、経営状況の変化などからも総合的に精査し、不要な補償・特約は削除しなければなりません。サービスの内容をよく確認すると、不要なサービスが見つかることも多いため、よく精査する必要があります。また、他の保険会社からも見積もりを出してもらうことによって、支払い限度額のアップと保険料の削減も見込めます。

保険の加入方法

大手企業では、各子会社で保険をバラバラに契約し、管理が煩雑になっていることがあります。グループ全体で1社に包括契約をすると、年間保険料を大幅に値下げすることができ、補償内容を拡大できるということもあるため、検討することをお勧めします。また自動車保険の場合は、10台以上の自動車を保有していると「フリート」という大口割引の対象となります。さらに、保険料は1年分前払いすることによって、月払いよりも割安になるサービスを受けることができます。

様々な保険料のコスト削減方法はあるため、加入を検討している保険については、補償内容などのリサーチを行い、自社に最適な保険を選択するようにしましょう。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。