警備費のコスト削減

警備料金は値下がりしている

警備システムの導入は、最近では一般住宅などでも普及しています。セコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)などの競争により、マーケット全体において価格が下落傾向にあり、規模の大小にかかわらず警備会社の設定コストは安くなっています。

しかし、昔からの警備会社と契約をし、価格交渉もせずそのまま継続している場合、料金が全く変わっていないこともあるようです。もちろん警備会社側から、積極的に価格引き下げを提案してくることは皆無と考えられるため、直接警備会社に価格相談をすると、単価値下げにつながるかもしれません。

警備料金の価格交渉

価格交渉をする際には、競合他社の見積もりも取得し、サービス内容についても比較をすることが一番有効な手段になります。その際、警備の対象範囲はどこまでか、どのオフィス・事務所が対象か、どれくらいの頻度で警備してもらうか、24時間体制なのか、異常事態にはどのような対応をしてくれるのか等々、品質において事前に検討しておく必要があります。

常駐時間の限定や、警備内容見直しなど現状の委託内容に応じた適正値の算出が警備費用の価格交渉には重要となります。

管理システムについて

現在、日本の警備は、機械警備が主な警備方法になっています。以前までは、実際に人が巡回したり、夜は警備対象建物に常駐などして警備を行っていましたが、今では大半が警報装置や無人カメラなどで防犯・警備をしています。そして、営業所に警備員が常駐し、警報が鳴り次第、事務所や店舗に駆けつけるという仕組みで動いています。

警備会社の管理システムは、個人も企業も同じものを使用しているケースが多く、機械警備システムの個人と企業の同一性などを理由にあげて価格交渉をすれば契約単価の値下げにつながります。また、各警備会社では、さまざまな警備プランを提供しており、自社に適したプランの選定が必要となります。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。