車両燃料費のコスト削減

車両メンテナンス

営業車を多数所有する企業は、運行管理業務など車両管理にはコストが膨大にかかります。さらに、従業員の安全を守るために、車両自体のメンテナンスにも多くのコストがかかっています。適切な車両走行は、車両寿命を延長させ、かつ燃料費の節約も可能にします。また、バッテリーの定期点検・定期的な走行距離でのオイル交換・タイヤの摩耗チェックなど、逆にメンテナンスが怠っている車両は危険であり、燃費も悪くなるのでメンテナンスは不可欠です。

システムの導入

自動車運行システムを導入することによって、走行データを把握し、車両燃費の経費削減や危険性の抑制につなげることができます。

運転状況の把握では、どのように加速・減速したのかを確認し、走行内容に非効率性が見られる場合は、運転する従業員に指導をしてください。これにより、燃費の向上もさることながら安全運転への教育も可能になります。運転中の事故は、企業にとってマイナスな印象を与え、支払う損害賠償金などの臨時出費も大きいものとなるため、運転する方への啓発は経費圧縮には重要と言えます。

車両の自社保有について

車両の自社保有は、コストが安いものではありません。ランニングコストとしては、駐車場代金はもちろんのこと、車検や車両の税金など高額なコストが発生してしまいます。その経費をかけてまでも、車両は必要なのかを一度改めて検証しましょう。バイク便や宅配便で間に合うのであれば、車両数の削減や車両所有自体をやめたほうが経費圧縮には良いでしょう。

ガソリンカード

最近では多くの法人で、営業車両すべてにガソリンカードを常備し、一律の値引きを受けるというコスト削減手法を取っているケースも珍しくありません。少しでもガソリン代のコスト削減を実現するために、ガソリンカードを利用してみましょう。エネオスや出光、オリックスアリコなど、様々なガソリンカードが発行されていますので、比較してください。また価格交渉も可能です。カード会社に対し値下げ交渉を行うことで、安価なカードの利用を実現してください。

高速道路利用料金

また、こちらは高速道路の利用料金ともバランスを取ってみる必要があります。高速道路利用料金を減らすため、下道利用をすることで、逆にガソリン代が高くついてしまうことがあります。また時間がかかることは人件費にも関わってくるため、非常に複雑なコスト構造となっています。
どういった場合は高速道路を利用するべきか、基準を設けることで最適な経費削減を実現させてください。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。