福利厚生費のコスト削減

福利厚生費のあり方

福利厚生費とは、従業員のモチベーションアップや労働力の確保・定着を目的としたものであり、この福利厚生費を大幅に削減することや、完全に取りやめてしまうことは決して良い方向に進むわけではありません。福利厚生費は、従業員への投資として考え、どうすれば効果的なのかを検証することが重要です。社内コミュニケーション強化や慰労のためにも必要なコストであると認識すべきと考えます。

福利厚生費の削減法

一方で、聖域化して削減に取り組まないというのも問題です。まずは、取捨選択が必要で、従業員の参加・利用率が低い福利厚生は取りやめましょう。従業員の支持率が低い施設やサービスなどは、無用の長物です。逆に今は取り入れていないもので、従業員の興味やニーズがあるものは、取り入れを検討していくシステムにしましょう。定期的に見直すことで、タイミングに合った効率的な福利厚生を提供し、従業員のモチベーションUPにつながるようにしましょう。

福利厚生代行・アウトソーシング

福利厚生施設の管理は、自社で行うと手間やコストがかかってしまいます。自社保有や直接契約している福利厚生施設があるなど、自社でサプライヤー側とサービスを提携したり、福利厚生施設を管理したりすることは大変であり、メニューを企画するだけでも一苦労です。また、社内での利用状況の把握や利用に関する申請書の作成など、事務の面でも作業が発生します。

そこで、福利厚生代行やアウトソーシングの導入をお勧めします。福利厚生代行などは、全国のリゾート地や宿泊施設、スポーツクラブ・レストラン・レンタカーなど数多くの提携メニューを持っている業者もあり、充実したサービスを提供しています。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。