電話代のコスト削減

電話のサービス内容について

電話代のコスト削減施策として、「直収電話サービス」と言うサービスがあります。最近までは、電話回線の販売は、NTTの専売特許であり、加入する際は、高額の電話加入権を購入することが必須でした。しかし、直収サービスではNTTを介さず、サービス会社(NTTコミュニケーションズ・KDDI・ソフトバンクテレコムなど)と直接契約ができるため、NTTと契約しなければならないという縛りがなくなりました。直収サービスの場合は、IP電話などになり、数千円で済むというメリットがあります。

携帯電話によるコスト削減

ソフトバンクなどが携帯電話事業に参入してくる前までは、会社の電話代が年間で1千万円を超えるという企業も珍しくありませんでした。しかし、昨今では安価な契約プランが増えてきており、法人のビジネスツールとしてマッチするプランが数多くあります。携帯電話の基本料金などに対しては、各キャリアに価格交渉をすることで値下げすることが可能です。

また、事務所内での仕事がメインの従業員にまで携帯電話を提供している企業も多くあります。しかし、普段携帯電話を使わない人やオフィスや事務所に居て外出をあまりしない人に、会社の携帯電話を持たせてもあまり意味はありません。逆に、基本料金などのランニングコストがかさんでしまいます。この場合は、携帯電話の貸与を取りやめ、固定電話の使用をお願いした方が良いでしょう。また、従業員の携帯電話の借り上げも良いでしょう。ただし基本料金がかからないため経費削減には良いのですが、クライアントの情報管理などの観点から、セキュリティの問題だけは注意しましょう。

異常に利用している部署、人を特定する

電話料金に関して、利用量が異常に多い部署や人物の使用量を減らすという方法もあります。基本的にはルールで決めることが可能ですが、売れている営業マンがお客様との電話が多く、電話料金がかさんでしまうならば、コスト削減対象にしてはいけません。

そこで、1人当たりの電話料金の目安を決め、その金額を大きくオーバーする人物の利用方法をチェックすることで、私用電話の禁止やムダな電話の抑制を進めることができます。

賃料コスト削減ナビへのお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

  • おすすめの1社に資料請求
  • 優良コンサルによる無料の賃料診断
  • ご相談・お問い合わせ
よくあるご質問
当サイトについて、お客さまからよくお寄せいただくご質問にお答えしています。